New model

直すために

内蔵hddが動かない時

パソコンのスイッチを入れても一向に動き出さない時には、システムボードの故障やhddの不具合かもしれません。このようなときには、スイッチを入れなおして、最初に出てくるパソコンの説明画面にしたがって、F1やF2を押してBIOS画面を出してみます。ここで、内臓のhddが認識できているかどうかを調べられます。 認識しているのであれば、ハードとしては大丈夫ですから、OSなどソフト関係が壊れているのかもしれません。 hdd認識しないのであれば、hddそのものが故障しているのか、端子の接続不良か、hddのジャンパ設定が間違っているか、そのパソコンのBIOSがサポートしていない容量のhddかのいずれかの可能性があります。 ここから先は、自分自身で調べるか、専門のパソコン修理店などに持ち込んで調べてもらいます。

とにかく自分で調べたい時

hdd認識しない時に、自分で少し調べることもできます。BIOSでhdd認識しないのであれば、まずは、BIOSがサポートしている容量のhddなのか見てみます。 次に、ケーブルなどの接続がきちんとしているのか見てみましょう。そして、hddのジャンパスイッチの位置が正常かどうかも調べます。 ここまでやって、もう一度電源を入れてみて、それでもhdd認識しない時には、hdd自体が壊れている可能性が大きいですから、別のhddがあれば付け替えてみます。 付け替えたhddが認識されれば、元のが壊れていると判断して良いでしょう。 ハード的にhddが認識されていて、OSが立ち上がらない時には、OSが使えるパソコンを使って、そのOSが立ち上がらないhddを外付けhddとして調べられます。 もし、1台しかパソコンがない時には、残念ですが、OSの再インストールを試みるしかありません。 ただし、大事なデータが入っているhddが認識されない時には、データ復旧を得意としている修理店に依頼してみるのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加